日本人講師が教える英語と外国人講師が教える英語の違い|大阪の24時間託児所(保育園)

日本人講師が教える英語と外国人講師が教える英語の違い

日本人講師が教える英語と外国人講師が教える英語の違い

現代では、お子さんが小さいうちから英語を取り入れたいと考えられている方が増えています。
自然な英語を学ぶことが出来る保育園や習い事を探されている方もいらっしゃるでしょう。
お子さんの将来を考えて英語を取り入れるならば、外国人講師が在籍している環境がおすすめです。

表現方法の違い

お子さんが小学校や中学校、高校に入学すると、英語の授業が始まります。お子さんが小さいうちから英語を取り入れたいと考えられている方もいれば、小学校に入学すると強制的に勉強することになるからまだ身につけなくても大丈夫と考えられている方もいらっしゃるでしょう。小学校や中学校では外国人講師が在籍している場合もありますが、全ての学校に在籍しているわけではありません。

そのため、英語の授業を日本人講師が教えることもあるのです。英語スキルを持つ日本人講師でもネイティブな発音や言い回しは完璧とは言えないでしょう。正確な英語を身につけるならやはり実際に生活の中でネイティブな英語を口にしている外国人講師やバイリンガルの講師に教わる英語が一番です。

学校の授業では教科書を使って英語の表現方法を学びますが、「How are you?」という文章が現地では「What’s up?」など違う言葉で使われていることもあるのです。現地での生きた英語を身につけていないとこのような言い回しや絶妙な表現方法を確実に教えることが難しい場合もあるのです。

発音の違い

英語を身につけるうえで重要なポイントになるのが、発音です。言葉の使い方が合っていても発音が間違っていれば、相手には伝わらないのが英語なのです。日本語と英語は、母音や音に違いがありますので正しい英語を身につけるためには、この差を埋めるように基礎を固める必要があるのです。

大阪市中央区・北区・西区で英語を学ぶことが出来る託児所をお探しの方は、ALWAYSをご利用下さい。24時間運営している託児所なのでお問い合わせはいつでも受け付けております。外国人講師やバイリンガル日本人講師も在籍していますので、ネイティブな英語と触れ合う機会がある託児所です。

事務局電話番号心斎橋保育園四ツ橋保育園梅田保育園全ての園で「月極め保育」「一時保育」どちらも対応可能ですよ!
このページのトップへ